もっと子どもをかわいく撮る方法とテクニック

    もっと子どもをかわいく撮る方法とテクニック

    デジカメやスマートフォンの普及により、
    子どもをすごく手軽に撮影できるようになりました。
    その分、より良い写真を撮ってみたいという方も多いのではないでしょうか?
    このコラムでは、カメラ自体の操作や技術に重点をおかずに、
    手軽に実践できる方法として、表情や構図、光に焦点を当てて、
    いくつかの基本とテクニックをご紹介していきます。

  • 1,こどもの目線以下で撮ってみる

    こちらはこどもの撮影において基本です!
    子どもたちを通常私達が見ている高さから撮影しても、
    特別代わりのない写真となってしまいます。
    時には地面に這いつくばってでも、
    子どもの目線以下で子どもの見ている世界を撮影しましょう!
    もちろん上から撮ったり斜めから撮ったりする写真も
    アクセントにはとても面白い写真がとれますので色々とお試しください。

     

    こどもの目線以下で撮ってみる
    こどもの迫力や動きを表現する
  • 2,こどもの迫力や動きを表現する

    こどもの迫力や動きを表現するには、
    広角レンズでぐっと寄って撮影する方法がおすすめです。
    お持ちのレンズで最も広角にして、足や手を切らないように注意し、
    ぐっと寄って撮って撮影してみてください。
    こどもの生き生きとした動きや表情を映し込みことができます。

  • 3,子どもの顔に露出を合わせる

    子どもの撮影時において重要なのが、顔の明るさになります。
    カメラのオート機能などを用いた場合、背景に明るさを合わせてしまい、
    子どもの顔が暗くなる傾向が強いです。
    顔が暗い写真は、どんなに良い表情や構図でも、
    暗い写真となってしまいます。背景が白く飛んでしまっても、
    子どもの顔の明るさが適正になるように、
    カメラのプラス補正機能などを用いて撮影してみてください!

    子どもの顔に露出を合わせる
    良い光を探す
  • 4,良い光を探す

    こどもの撮影において、一番良い光は「薄曇り」になります。
    太陽の光が雲によって柔らかい光となり、こどものかわいらしさを表現します。
    快晴の日や直射日光が強い日はベストな光をよむために
    ある程度の経験や知識が必要となってしまいます。
    もし太陽が強い日の撮影の場合は日陰を探してみてください。
    室内においても、内蔵ストロボは使わずに、窓から入ってくる自然な光を
    こどもにあてながら撮影してみてください。
    柔らかい光が写真を際立てます。

  • 5,タイミングをとらえる

    子どもは泣いていたと思ったら、次の瞬間には笑っていたり、
    表情や動きがとても移り変わりやすく、予測ができません。
    撮りたいと思ったときすぐ写真を撮れるよう、カメラを持ち歩いて、
    ふいに訪れる面白い瞬間を逃さずにとらえてみましょう。
    また、慣れるまでは連射モードなども用いて
    数多くの写真を撮ってみましょう!

     

    タイミングをとらえる
    カメラを意識させない
  • 6,カメラを意識させない

    カメラ目線の写真以外にも良い瞬間はたくさんあります。
    何かで遊んでるときの真剣な表情やご飯を一生懸命食べているところ、
    お父さんお母さんと遊んで笑っているとき、
    カメラを意識していない自然な表情もとても良い写真となります。
    時には、望遠レンズでこっそり撮影してみたり、掛け声をやめて
    ありのままの姿や表情を撮影してみてください!

  • 7,その時の雰囲気や状況も保存する

    後でその時の雰囲気や状況がわかるように、
    こどもの写真だけでなく、その時何をしたのか、何が会ったのか、
    どこにいたのか、等の状況がわかる写真も合わせて撮影しましょう。
    広角レンズでこどもと状況を合わせて全景として撮影したり、
    その時の小物や場所を別に撮影しておいたり、
    一生に残る思い出として撮ってみてください。

    その時の雰囲気や状況も保存する
    しっかりとコミュニケーションをとってとにかく自分も楽しむ!
  • 8,しっかりとコミュニケーションをとって
      とにかく自分も楽しむ!

    子どもと同じ立場で一緒に楽しむことが、なによりも良い表情をひきだします。
    子どもをほめたり、お名前を読んだり、おしゃべりしたり、
    しっかりとしたコミュニケーションをとりながら撮影のチャンスを見つけてください。
    なにより写真を撮るという行為自体も楽しんでできたら心から良いと思える
    写真を撮影できると思います。
    また、撮った写真をFacebookやtwitter・ブログ等で共有したり、友達や親戚に見せたり、
    いろいろな方に見てもらってください。
    写真を、もっと楽しみましょう!